引き振袖レンタルについて

引き振袖と振袖はどこが違うのでしょうか?

現代人は着物を着る機会があまりありません。着物についての知識もありませんから、引き振袖も振袖も同じ着物に見えてしまうかもしれません。では、どういった部分に違いがあるのでしょうか?
 
まずは種類です。引き振袖は大振り袖です。成人式などで着用する振袖は「中振袖」となります。いずれも未婚女性の第1礼装になっているので、格式が異なります。大振り袖のほうが格上になります。
 
では、成人式で着た振袖をそのまま花嫁衣装として着用してもいいのでしょうか?前述していますが、成人式で着用している振袖は中ぶり袖です。結婚式で着用する大振り袖とは袖の長さが異なります。
 
・大振り袖……約114センチメートル
・中ぶり袖……約100センチメートル
 
おはしょりをしなければ、引きずったように見えるでしょう。ですが袖を長くするのが難しいです。また引き振袖は裾に、「ふき綿」が入っています。
 
これ以外にも違いがあります。引き振袖は裏地が見えるような派手目な色合いになっています。着物に少し詳しい人が見たら、引き振袖ではないことは一目瞭然に見分けがつくでしょう。
 
仕立て直しをするにしても、その金額は膨大なコストがかかります。それならば引き振袖をレンタルして、花嫁の希望にあった引き振袖を探して、一式を揃ったほうが無難ではないでしょうか?