引き振袖レンタルについて

引き振袖レンタルについて

引き振袖は「お引きずり」「大振り袖」「本振袖」と呼ばれることもあるのです。未婚女性の正装である「振袖」。それのおはしょり部分を作ったりしないで、長い丈のままにします。裾を引きずるような着方をするのです。
 
とりわけ特別扱いされるのが「黒引き」です。これは黒地の引き振袖です。江戸時代後期から昭和初期までの期間は武家の女性の正式な婚礼衣装とされていました。
 
■引き振袖は白無垢や色打掛とどこが違うの?
 
和風の婚礼衣装の格式が高い順番は、白無垢>色打掛>引き振袖となっています。格式は違いますが、どの着物の正式な衣装です。神前式で着用できます。
白無垢や色打掛は、上から羽織って裾を引きずるスタイルです。とっても動きにくいです。髪型もトラディショナルな日本髪です。重量のあるカツラを着用することも多いです。長時間の着用は首に負担があり、辛いと感じる花嫁さんも少なくありません。
 
一方の引き振袖は、白無垢とか色打掛よりも、かなり軽いです。動くこともスムーズですし、比較的長時間の着用でも負担が大きくないです。小物や帯の結び方を工夫すれば華やかに見えることもできます。
 

★☆★ どうして黒引き振袖は人気があるのでしょうか? ★☆★

 
着物には色々なデザインがありますが、中でもお姫様のような印象があって花嫁衣装でも人気なのが「引き振袖」です。「お引きずり」「本振袖」「大振り袖」と呼ばれることもあります。婚礼の席で花嫁が着用する着物のひとつです。未婚女性の第1礼装になるのですが、見た目の大きな特徴として上げられるのは、「おはしょり」をしていないことです。当然ですが着物の長さが長くなり、裾を引きずるようなスタイルで着用します。
 
いろいろな色があって、自分の好きな色や柄を選べるのですが、中でも人気があるのが「黒引き振袖」です。昔から着用されていましたが、最近は人気沸騰しているようですね。
 
江戸時代には武家へお嫁入りする場合の正式な婚礼衣装として存在していました。この風習は昭和の初めまで黒引き振袖を選ぶ花嫁さんがとっても多かったです。
 
最近、黒引き振袖が選ばれているのは、少し別の理由もあります。それは、仕立てと大きく関連します。もともと結婚式で着用した黒引き振袖は仕立て直しをすることができるのです。黒引き振袖から「黒留め袖」として、もう一度着用することができます。末永く愛用することもできますから、経費節減という意味から黒の引き振袖を選ぶケースも多くなっているのです。もちろん、レンタルする場合は関係ありません。


名古屋で白無垢・打掛・色打掛・引き振袖・和装・花嫁衣裳等のレンタル|新木屋